❖治療室❖>来院者から一言>2005年度

施術者 業績 症例 来院者から一言
*Internet Exploreをお使いの方は、互換表示設定をしてください。

来院者から一言

2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
2016年
sikaku232005/11/10 31歳女性(翻訳)
・住所:鎌倉市
・きっかけ:当院のHP
・初診日:2004/05
・主訴:胃の諸症状、保健
・治療頻度:週1回
・経過、感想など
私が鍼灸を選ぶのには理由があります。

1.一般医療でカバーできない部分がある
私は体調不良でもう十年以上も悩んでいます。最初の頃は、あちこちのお医者さんに足繁く通いました。でも「検査で異常はありません」と言われたり、生理痛がひどくて出社もできない状態で診察を受けても「最近の人はガマンが足りないから」と言われたり、なかなか納得できるものを提示してくださるお医者さんに出会えませんでした。
そんなときに出会ったのが鍼灸でした。鎮痛剤も効かなくなった私の生理痛に、鍼灸はとても優しく、でも確実に効果を現してくれました。
また、4歳の息子は食後にお腹が痛くなることがあります。お医者さんに行っても「よくあることで心配ありませんが、治りにくいです」と言われました。「治りにくい」というよりは、それを治療対象としていないのだと思います。
そのように西洋医学でカバーできない部分でも、鍼灸では治療の対象としてもらえます。

2.即効性もある
もちろん慢性的な症状は長く通う必要があると思いますが、私の場合、胃腸が弱いのでしばしば胃腸の不快感を覚えます。先日も息子を診ていただいている間に、胃の不快感が出てきました。そのまま車を運転して帰るのが怖かったので、急遽私も診ていただきました。するとすべてが終わる前にすでに胃の不快感は消えていました。
もちろん胃腸虚弱を根本的に快方に向かわせるには、相当の時間がかかると覚悟していますが、ときどき出てくるそういう症状からすぐに解放されたい、と思うときにも、鍼灸は非常に効果が高いようです。
以前、夫が水も飲めなくなるほど(つまり薬ものめないほど)ひどい風邪をひき、歩くこともままらなくなったとき、吉岡先生に往診を頼みました。そして終わった頃には先生と一緒に階段を歩いて下りてきました。こんな場合に、寝ているだけで症状から解放されれば、それほど楽なことはないと思います。

3.お得感がある
きちんとした鍼灸の先生に会うと、必ず全身の状態を診てくださいます。
吉岡先生にお会いするまでは、消化器科、内科、心療内科とそれぞれの医院に通っていました。それにかかる時間もお金も大変なものです。
それならば、毎月1~2回でもいいから鍼灸に通って全身の状態を診ていただけば、時間もお金も節約になるのではないか、と思うのです。
メディアでも今後の医療費については色々議論されており、これからは自己負担額が増えてくるのでは、と不安を覚えずにはいられません。ただの風邪でも数千円の治療費を請求される日が来るかもしれません。
お医者さんに頼らなければならない場面は確実にあります。でも、頼る必要がない場面でもお医者さんに駆け込む、というのが現代社会の特徴ではないでしょうか。
もしお医者さんに行く必要がないような、例えば風邪くらいであれば(あくまで例です。鍼灸の適応が非常に多岐にわたるので、まずは吉岡先生にご確認を!)、まず鍼灸を選択して、風邪の症状を取ってもらうだけではなく、その後も風邪をひきにくい体を作ってもらう。と考えると、なんだかお得な感じがするのですが、私だけでしょうか。
こうして自分や家族の体や健康について真剣に考えたとき、私には鍼灸が第一選択肢となりました。

 

sikaku232005/10/18 1歳と6歳男性
・住所:横浜市戸塚区
・きっかけ:当院HP
・初診日:2005/05
・主訴:発育遅滞・湿疹・アトピー・便秘など
・治療頻度:週2回
・経過、感想など
次男が原因不明の発達遅滞・便秘・湿疹などの症状で小児科に通っていましたが、発達遅滞はリハビリと経過観察、他の症状はその都度薬は出るものの解決には至らず不安でした。
病院以外に何か手は無いのかと調べていくうちに、こちらのHPにたどり着きました。私自身鍼灸に興味はあったのですが、治療を受けたことは無く、わからないことだらけ。思い切ってメールで相談したところ、丁寧な返信を頂き、安心して息子を連れて行くことにしました。
初めて受診したのが5月中旬、次男8ヶ月のことです。その頃は、前述の症状の他にひどい夜泣きが加わって、親子ともふらふらでした。とにかくいつも機嫌が悪い子でしたので、治療も苦労するのではと心配しましたが、殆ど泣くことも無く終了。こんなにあっさり終わってしまうの?と驚くと共に青白かった肌にほんのり赤みがさしたのがとても嬉しかったのを覚えています。
治療は「地道に」「気長に」というお話でしたが、その日の夜から変化がありました。まず、夜に寝るようになったこと。ずっと抱き続けないと泣いていたのが嘘のようでした。二つ目は、吐かなくなったこと。食が細い上に、すぐに吐くので困っていました。それが、この日を境にピタリと止まりました。このお陰で随分私の心の負担が減りました。
それから週二回のペースで通ううち、徐々に湿疹が治まってきました。ストレスや気候の変化で出ることはあっても前のようにひどくしてしまうことはなくなりました。しっかり汗をかけるようになり、赤ちゃんらしい肌になりました。便秘も薬の力を借りないと出ない状態から、鍼をした日に出るようになり、今ではほとんど毎日出るようになりました。それと同時にミルクの飲みがよくなり体重も増え始めました。以前に比べると表情も豊かになり体つきもしっかりしてきたように思います。本当にありがとうございました。
また、6月にたまたま小学一年の長男も連れて行った時、その顔色の悪さを指摘され、アトピー性皮膚炎の症状もひどいことから治療を勧められました。長男にはアトピーのほかに夜尿もあったので、次男と一緒に週2回で治療をお願いすることにしました。赤ん坊の次男と違い「お灸って火をつけるの?!冷たくして!」などと無理難題を言って大騒ぎの長男でしたがいまでは治療に慣れてきたようです。反抗期なのか生意気なことを言ったり、ふざけたりで、ご迷惑をかけることも多いのですが、穏やかに彼の話を聴いてくださって、本当に感謝しています。
また、こちらで長男を診ていただくことで、私の目が次男にばかりに向いていたことを反省するきっかけになりました(彼の便秘については指摘を受けるまで全く気付いていませんでした)。便秘と夜尿は少々頑固なようですが、皮膚は以前に比べるとかゆみが和らいできたようです。「まだ痒い」と憎まれ口もたたきますが、親の目から見ても掻く頻度はかなり減りました。掻くことはあっても、今までのように力一杯掻きむしるようなことはありません。優しい動作になりました。
本当に、こちらの鍼灸院に出会えてよかった。
これからも、長男・次男ともども、宜しくお願いします。

 

sikaku232005/10/16 33歳女性(会社員)
・住所:大和市
・きっかけ:当院HP
・初診日:2004/06
・主訴:肩こり、頭痛、アトピー、健康維持
・治療頻度:週1回
・経過、感想など
私はこちらでの治療を続けて一年以上になります。来院の理由は、数年来の首や肩のコリが酷くなり、加えて絶え間ない頭痛に悩まされるようになったからです。
吉岡鍼灸院では、最初に軽い問診をした後、鍼やお灸に入る前に必ず脈を診ます。すべての治療を終えた後もまた脈を診ます。それにより患者のその時の様態を正確に把握するようです。
実際の治療は、脈診をした後に、その診断に基づき手足の重要なツボを選んで鍼を始めていきます。そして途中でも脈を診て、今施した鍼の影響を確認しながら次へと進みます。手足のツボへの治療が、全身を整える治療であるとともに、全体の治療を通して最も重要なのだそうです。それは、表面に出てくる痛みはその患部ではなく仕事でのストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどにより、体の内にある五蔵(車のエンジンのようなもの)にアンバランスが生じたことで起こっており、脈診を使い手と足に鍼灸をすることでそれらのとどこおった気の流れをととのえることが治療の本質である、という考えによるものです。肩がこるから肩に、腰が痛むから腰に鍼を刺すという、他の多くの鍼灸院とは根本的な考え方が違っています。実際、ここに来る前に別の鍼灸院にも行きましたが、患部に鍼を刺して電気を流しガンガン響かせるやり方でした。こういう施術だと一時的に楽になった気はしても、結局後から疲労感やだるさを感じました。
こちらでの鍼治療は毎回あてるのみです。といっても鍼があたる感触はあまりありません。お灸も熱さを感じた時点でとってもらいます。どちらも刺激はほとんど無いので最初は「え?これだけ?」と物足りないくらいに思いました。私の様に消耗が激しい状態ではそんなに多くの鍼やお灸はできないのだそうです。
ここでは、毎回その日の調子や具合によって鍼をあてる量やポイントを加減してくれます。鍼は、適切なポイントを選び適切な量をする診立てが大事だと先生は繰り返しおっしゃいます。先生はドアを開けて患者を見た瞬間に7、8割方の状態判断がつくそうです。後は、話したり実際に触れてみてその判断を確信にまでもっていくようです。
初回に施されたほんの少しの鍼とお灸でも変化はすぐに現れ、顔色や濁っていた白眼の色もよくなったと言われました。そして何より自分でもその場でみるみる気分がよくなっていったのが分かりました。その後はほぼ週一回のペースで通院しました。痛みが頭にへばりついているのが当たり前だったのが、いつの間にか仕事が休みの日には痛みもとれ、回復できるようになっていました。調子がいいと思える今の状態がすごく有り難く感じられます。
それと、私は大人になってから、夏より秋口にかけて肘関節の内側にアトピー性の湿疹ができるようになり、毎年その時期がくると辛い思いをしていました。それが昨年は出ませんでした。今年ももうその時期ですがその気配はありません。それがこちらで治療を受けている効果なのかはっきりと断定はできませんが、“出て当然のものが出ない”、以前と何か環境が変わったかを考えると、やはり鍼灸が思い当たるのです。
食事面でのアドバイスも頻繁に受けます。過剰な糖分や濃い味のものは主に湿疹などの皮膚疾患を生み、また、イライラしたりキレやすくなるなど人間の意識感情にも悪影響を与えるのでこれらの摂取を控える、というものです。先生のいう事を理解してもなかなか実践できない、これは私に限らず飽食に慣れた現代人にとって簡単なことではないでしょう。特にチョコレートやキャンディーが大好きで四六時中口にしていた私は、それをやめることは逆にストレスになると最初は思い、先生の話も意識的に聞き流すようにしていました。でも繰り返し言われるうちに、ある時ふと、やめる気になりました。そのことで、すぐ何がどう変わるということではないですが、先々の事、つまり将来おこり得る心身両面での病のことを考えるとやめてよかったと思います。
もし、どこか調子が悪くて悩んでいる方は、健康や体調のことを気軽に相談できる主治医に診てもらう感覚で、体調管理に通院されるといいのではないでしょうか。吉岡先生はまだお若いですが、見た目と違い老練な医者の様な印象を与えられます。今耳から入ってくる言葉を発しているのが本当に目の前にいるこの人物なのかと驚くほどのギャップを最初のうちは感じていました。また、相当な向上心を持たれ、常に勉強していらっしゃる方なので、その知識に裏付けされた施術は安心して受けられます。
私はよい状態を維持し、さらに向上させる為に今も通っています。一旦辛い症状が軽減されると、最悪の状態の頃を忘れてしまいがちですが、“喉元過ぎれば…”にならないよう、よいものは継続的に取り入れていこうと思っています。

 

sikaku232005/10/15 29歳女性(会社員)
・住所:横浜市戸塚区
・きっかけ:友人の紹介・当院HP
・初診日:2005/06
・主訴:腰痛(ぎっくり腰)、健康維持
・治療頻度:隔週1回
・経過、感想など
旅行を目前に控えていた9月の半ば、いつもと同じく仕事から帰宅してすぐに夕食の支度にとりかかりました。冷蔵庫から食材を取り出そうとしていたときに腰に鈍痛を感じ、そのまま痛みに襲われ歩くのも辛い状態になってしまいました。ぎっくり腰の経験はこれが3回目なので早い対処が何よりだというのは心得ていました。しかも3日後には新幹線に乗る予定。以前友人から話しを聞いていた吉岡鍼灸院のHPを夫に早速チェックしてもらい、時間外でしたが、すぐに往診に来て頂きました。腰の状態を診てもらったときに初めて自分の体の状態に驚きました。なんと左右ウエストの高さがみごとにずれて(左を痛めていたので、左から風にふかれたかのように腰が右に彎曲して)しまっており気持ちが悪い程だったのです。「見た目がこんな状態では骨に問題があるのかもしれないし鍼灸の適応外かな・・・ 旅行も無理かな・・・」と、不安でいっぱいでしたが、それも心配無用でした。その日は痛みもだいぶひき歩ける状態になりましたし、旅行にいく直前までの4回の治療でなんとか旅行も楽しむことができました。本当に吉岡先生のお陰で感謝しています!
旅行から戻った時には殆ど痛みませんでしたが、ウエストのズレがまだ少し残っていたのでその後も数回治療に行きました。よくある整体やカイロプラクティックなどのように直接骨を触る事はないのに、見た目の腰のズレまでも治して下さった事には正直驚きました。鍼灸治療は私が思っていた以上に適応の幅が広いのですね。
9月に入ってから日々の気温の変化が激しく、当日は急に冷えた日でもありました。ここ数ヶ月は、仕事も多忙を極めていましたから、それとこの冷えがあいまってぎっくり腰になったのだろうと先生はおっしゃっていました。冷えが体に及ぼす悪影響を実感し、これから来る寒さには充分な対策をとらなければと思い知られました。今回の治療をきっかけに全体的に体調が良くなった気がして、保健のために現在も月に2~3回のペースで通っています。
どなたにも当てはまることだそうですが、先生からは普段の生活についての様々なアドバイスも頂きました。特に食事(甘いものや味の濃いもの、冷たいものの取り方)に関しては改善すべき点が多々あり、まだ幼い子供を持つ友人に教えるべき内容(後日、詳しくHPに掲載されるそうです)も満載で、私自身も主婦として初心に戻り気をつけたいと思います。

 

sikaku232005/07/17 34歳女性(主婦〔元看護婦〕)
・住所:横浜市泉区
・きっかけ:当院HP
・初診日:2005/06
・主訴:腰痛(ぎっくり腰)、冷え症
・治療頻度:週1回
・経過、ご感想など
大型二輪自動車を引き起こす際に腰に激痛が走りました。しばらく様子見ていたのですが一向によくならず整体や整形外科に通っておりました。痛みで息子も抱くことができず途方にくれていました。
あるサイトの口コミに吉岡鍼灸院が掲載されており評判もよかったので早速行ってみました。実は鍼ははじめてで、しかも変な先入観があり(鍼は使いまわし!?、鍼をすると癖がつく、鍼は痛い!!)、とても怖かったのですがきちんと先生は説明をしてくださって安心して治療が受けられました。
結果は1回鍼と灸をして腰の痛みはほぼ取れ、息子を抱くこともできました。こんなにも違うのかな?と思ったぐらいです。早く先生と出会っていれば時間とお金を無駄にしなくてよかったのに・・・・(笑)
また夏でも手足は冷たく、お小水の回数も少なかったのですが、その鍼とお灸のあとは手足は暖かくなり、夜は逆に暖かくて眠れないほどでした。お小水の回数も倍に増え、とても調子がよくなりました。
本当に先生のおかげです。ありがとうございました。
息子も針とお灸をしていただきました。そのあと気持ちよかったのか爆睡していました。
これからもよろしくお願いします。

コメントは停止中です。