❖待合室❖

はじめての方に

〜当院のご案内〜

来院の注意点 治療の方針 治療の進め方 使用する鍼と灸
保険の適用 医療費控除 不妊治療 小児鍼
*Internet Exploreをお使いの方は、互換表示設定をしてください。

予約および来院に際しての注意点

予約について
・当院の受付は、完全予約制なとなっておりますので、かならず電話かメールにて予約願います。
・時間外・急患・往診にも対応しますので、ご相談ください。
・電話での予約は、急患を除いて受付時間内にお願いします(メールは24時間可)。
・予約のキャンセルおよび変更は、予約日の前日までに連絡願います。当日のキャンセルおよび予約日の変更は治療費の全額を申し受けます(天変地異や親族の不幸、自身の急病や不慮の事故などの場合はその限りではありません)。
・特に混み合う土曜日の予約の変更やキャンセルは、他の方の予約に直接ひびきますので、極力ないようご協力ください。
場所について
・当院の看板は一切ありませんので、地図をご確認ください。
・場所がわからない場合は、無理に探さずお電話ください。
・駐車場は一台分あります。車にて来院される場合は、予約の際にお伝えください。
服装について
・施術は全身におこないますので、肘や膝が出る衣服を着用するか、あらかじめご用意ください。
・女性の方にはタオルを掛けますので、肩・背中・腰などの施術もご安心ください。衣服の着脱の際は、治療室より退室します。
来院について
・来院時間は、早すぎても遅すぎても、前後の方に迷惑がかかりますので、予約時間の前後5分程度を守ってください。
・10分以上遅れる場合には、必ず連絡願います。
・遅れる時間によっては、後の予約状況により受付できない場合もありますのでご注意ください。
お子様連れでも対応します。診察室に同伴しての治療になりますので、ご安心ください。
治療室について
・日中の伝統医学の研究のために、多くの書籍を所蔵しておりますが、置く場所の関係から、本棚を治療室と待合室の間仕切りを兼ねて2つ設置しています(耐震対策済み)。ご了承ください。
・治療だけでなく、空間的な癒し(やすらぎ)をも期待される方は、あらかじめ写真を確認のうえ、来院の是非を判断してください(整頓に努め、ゆとりある空間は充分に確保しています)。

 

院内の様子

shinsatu

 

鍼灸の適応

不適応疾患
ガンや骨折などの外科的処置(手術)の必要な疾患
*これ以外の疾患や症状は、基本的に適応なります。
*ガンによる不定愁訴(不眠や倦怠感など)の軽減や手術後の体力回復については対応します。
婦人科疾患
生理痛、生理不順、不妊症、つわり、逆子、流産症、更年期障害、冷え症
皮膚病
アトピー性皮膚炎、ニキビ、吹き出物、シミ、そばかす、湿疹、ヘルペス
耳鼻咽喉疾患
花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿症、鼻血、のどの痛み、扁桃炎、かれ声、中耳炎、耳鳴り、メニエール病
呼吸器疾患
気管支炎、喘息、風邪
消化器疾患
食欲不振・亢進(拒食・過食)、口内炎、口角炎、下痢、便秘、脱腸、脱肛、痔、胃潰瘍、胃酸過多症、胃下垂症、慢性胃炎、肝機能障害
神経系疾患
自律神経失調症、頭痛、偏頭痛、不眠症、貧血、船酔い、肩こり、腰痛、ヘルニア、神経痛(坐骨神経痛、顔面神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛)、むちうち症、脳血管障害、半身不随、言語障害、ヒステリー、ノイローゼ、うつ状態、うつ病、チック症
運動器疾患
五十肩、関節炎(膝・肘など)、腱鞘炎(弾発指など)、リウマチ
外科疾患
捻挫、打撲、面疔、癰疽(おでき)
眼科疾患
ものもらい、結膜炎、眼精疲労、白内障
循環器疾患
心臓疾患、高血圧症、低血圧症、不整脈、動悸・息切れ
内分泌疾患
糖尿病、貧血、脚気、バセドウ病
泌尿器疾患
前立腺肥大、頻尿、残尿感、無尿、腎炎、膀胱炎、ED、男性不妊、性病
小児疾患
夜泣き、かんむし、チック症、消化不良、夜尿症、小児喘息、小児麻痺
その他の疾患
わきが、多汗症など
*上記以外の症状も対応しますので、ご相談下さい。

コメントは停止中です。